忍者ブログ
かわんちゅがうだうだするところ
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by かわんちゅ - 2013.05.13,Mon
みなさんご存じ、やなせたかし氏の『手のひらを太陽に』という歌のお話。

『手のひらを太陽に』の歌詞の「ミミズだって、オケラだって、アメンボだって、みんな、みんな生きているんだ、友だちなんだ」の部分。大学の実習中、同期がにこの『オケラだって』の箇所、オケラは気持ち悪い生き物だから他の生き物に替えるべきだという話をしていた。どんな見た目でも生を授かっている仲間であり、どんな見た目であれ分け隔てなく友達になろうという意味の歌詞だと勝手に考えていたが、どうなんだろう。例えば人間関係で想像してみると、同機は割とひどいことを言っているような気もする。少しモヤッとしたまま実習棟を後にしたわけだが、一言口をはさんだ方が面白かったかもしれない。

まぁ滅多に話さないからどうでもいいと言えばどうでもいいのだけど。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
かわんちゅ
自己紹介:
ねずみです。
生物が好き。


画像を使用する際は
一言声をかけてください。
下手くそな写真ばっかりだけどね。
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[07/22 宮井]
[10/26 ガラリオ]
[12/07 あーく]
[07/18 ティーノ]
[06/20 amami]
カウンター
忍者アナライズ
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]