忍者ブログ
かわんちゅがうだうだするところ
Posted by - 2018.02.24,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by かわんちゅ - 2016.10.25,Tue
M.I.A.という女性歌手を知っているだろうか。
 日本ではそれほど有名ではない人物だと思うが、私は大好きだ。初めて買ったアルバムCDも彼女のKalaというものだった。ラジオから流れてきたJimmyという曲に惚れたのは中学二年生のころだったと思う。

 M.I.A.という名前の由来は戦闘中行方不明(missing in action)にある。彼女はスリランカ出身のタミル系イギリス人で、スリランカ内戦中に父と連絡が取れなくなった。彼女の父は反政府勢力LTTE(タミルイーラム解放の虎)の重要メンバーで、2009年にLTTE降伏による内戦終結後も消息は不明である。父へのメッセージを込めた名前がM.I.A.となったようだ。1stアルバムArularは父のコードネーム、2ndアルバムKalaは母の名前、3rdアルバムMayaは自身の名前を用いており、父を心配する気持ち、家族愛が垣間見える。

 Jimmyも戦闘中行方不明の兵士を心配する歌となっており「Jimmy aaja(帰ってきて)」というフレーズが印象的な曲となっている。しかしながら曲調は決して暗くはなく、ラーガ、オルタナティブ、ヒップホップが混ざったような独特の雰囲気を醸し出している。彼女の曲はジャンルを決めることが難しく、この雰囲気が日本人ウケしないことの理由だと思っている。国際的にはそんなことはなく、Jimmyが収録された2ndアルバムKalaはローリングストーン誌において「2007年のベストアルバム」と評されている。


 滑舌がいいというか、むちゃくちゃ早口で歌うことが多いので聞き取りづらいが、歌詞がとてもかっこいい。おすすめはBoyzとWorld Townだ。Boyzは映画プラダを着た悪魔の挿入歌だったこともあり、聞いたことがある人も多いかもしれない。プラダを着た悪魔はファッション誌の出版社で働くおしゃれでかわいい新米編集者のアン・ハサウェイがひたすら可愛い映画だが、Boyzの歌詞は女の子が酒を飲んで男を侍(はべ)らせる内容だ。ロックである。World Townもガラの悪い街を歌っていて、手を上げろとか、銃を出せとか、そんな感じである。



 反社会的、反権力的で、退廃的なM.I.A.の曲がとても好きだ(全米生放送のTVで中指を立てて大騒ぎになったこともある)。そんなM.I.A.も今年で41才。今もなお精力的に活動を続けており、今年9月にもnewアルバムAIMをリリースした。これからもゾッコンだし、目が離せない。みんなも要checkだ。むちゃ美人だし。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
HN:
かわんちゅ
自己紹介:
ねずみです。
生物が好き。


画像を使用する際は
一言声をかけてください。
下手くそな写真ばっかりだけどね。
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[07/22 宮井]
[10/26 ガラリオ]
[12/07 あーく]
[07/18 ティーノ]
[06/20 amami]
カウンター
忍者アナライズ
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]