忍者ブログ
かわんちゅがうだうだするところ
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by かわんちゅ - 2013.10.22,Tue
夏休みに対馬行った。

別けあって博多にいたのだが、「明日は九州全域雨です」というニュースを聞いて、急に対馬へ行くことを思いついたのだった。相変わらず計画性のない旅行ばかりしている。8月26日の朝、さっそく九州郵船のフェリーで対馬、厳原港へ。4時間40分ほどの船旅だった。海上なので電波も通らずひたすら暇だった。


ウラギンシジミ
特に目立った蝶は見られなかった。


キンモウアナバチ
キリギリスの仲間を嬉しそうに抱えて着地。せっせと穴に詰め込んでいた。卵を産み付け、幼虫の餌にするらしい。20頭ほどがそこかしこで飛び回ったり、穴を出入りしたりしていた。可愛い顔をしている。どうせなら一頭採集するんだった。


渓流沿いのバス停を野営地に決める。
ライトトラップを設置したところ、カドマルエンマコガネとツシマツヤドロムシ、ハイイロゲンゴロウばかりが飛来した。ヒメダイコクコガネが採れず残念。ツシマツヤドロムシは名前の通り対馬固有のツヤドロムシだが、当時はそんなことは知らなかったので一頭も採集しなかった。惜しいことをした。他にフタモンウバタマコメツキなどを採集。夜、凍えながら眠る。気付いていなかったが風邪をひいていたらしい。もちろん風呂など無かったが、バス停前に水道があったので持参していた石鹼とシャンプーで顔と頭を洗った。


翌朝、渓流周辺を探すとツシマサンショウウオが見られた。満足。


バスで西部の港町に移動。道を教えてくれたり、飲み物を差し入れてくれたり、ここの方々は皆親切だった。あぜ道や石垣でツシマスベトカゲを探したのだが、見つからなかった。スベトカゲといい、アカマダラといい、爬虫類には終始恵まれない旅行だった。代わりといってはなんだが、日中から田んぼでツシマテンを見ることができた。


夜、狙っていたツシマカブリモドキが得られた。前翅の縁取りが美しい甲虫である。他にゴミムシを数種採集したが、もう一つの狙いのツシマヒラタクワガタは頭部のみを発見。時期も遅く、トビかカラスに食べられたものの残骸だろう。ここでもバス停を野営地に決め、24時頃、相変わらず凍えて眠る。あまりにも寒いのでエマージェンシーシートを羽織って就寝。


朝バスに乗って厳原港へ。疲労がたまっていたようで、帰りのフェリーでは4時間半の間眠り続けていた。


博多に着いて昼ご飯にもつ鍋を食べた。対馬ではスティックパンと野菜ジュースという不健康な食事のみだったので、胃が落ち着いた。また言うまでもなく、ひとりで鍋をつついているのは店内で私のみである。


ツシマヒラタやアカマダラなど悔いが残る旅行だった。
いつになるかは分からないが、また訪れたい島である。
次回は前日の夜中に思いつくのではなく、しっかりと準備して臨みたい。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
かわんちゅ
自己紹介:
ねずみです。
生物が好き。


画像を使用する際は
一言声をかけてください。
下手くそな写真ばっかりだけどね。
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
[07/22 宮井]
[10/26 ガラリオ]
[12/07 あーく]
[07/18 ティーノ]
[06/20 amami]
カウンター
忍者アナライズ
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]